ダブル洗顔やスクラブ・クレンジングを凌駕する拭き取り化粧水

私は毛穴の黒ずみがひどくて、いつもコンプレックスを感じていました。朝も夜も、クレンジングオイルで小鼻をクルクルと2分程度ていねいにマッサージして、洗顔石鹸で洗顔をする生活を繰り返していたんです。
続きを読む ダブル洗顔やスクラブ・クレンジングを凌駕する拭き取り化粧水

スキンケアで試行錯誤した私が最後にたどり着いた方法

スキンケアって何でしょうか?生まれた時の赤ちゃんは、とってもみずみずしくて柔らかくてきれいなお肌をしていますね。
ところが、成長するにつれて紫外線や寒暖温度などの刺激を受け、いつの間にかシミやそばかすが増えてしまいました。思春期には、にきびやソバカスにも悩み、美白効果があると言われた化粧水と美容液を使ったものでした。

また、私は皮脂が多く、しっかりと泡立てるようにして洗顔に力を入れ、いつもサラリとしたお肌を心がけ、乳液などで脂分を補う事は避けるようしていました。
ところが、これが大きな誤りだったんです。20代後半くらいから、肌の乾燥がひどくなり、肌荒れも目立つようになりました。

スキンケアに詳しい人の話では、「皮脂はお肌のバリケードの役目を持っているので、必要以上に皮脂を落とすのはお肌の乾燥を招き、しわの原因になる」と…。

今は、その人のアドバイスに従い、洗顔もやさしい洗顔料を選び、Tゾーンを中心に控え目に洗うように心がけています。

http://みちょぱ洗顔.xyz

地肌の分かれ目が見えた時

髪は女性の命。ツヤとコシがあって、ボリューム感のある髪は女性の魅力を大きくアピールするものですね。
今年で40歳を迎えたママ友のA子。どこから見ても30代前半にしか見えない素敵な女性なんですが、頭髪の
ボリュームがちょっと…。

もちろん、失礼なことは言いませんでしたが、ある日、A子から「地肌の分かれ目が見えて…」と切実な相
談を受けました。言われた箇所を見てみると、確かに地肌が覗いていました。下手に慰めるのは、わざとら
しいと思い、「うん、少しだけボリュームが足りないかな?でも、今なら大丈夫だよ」と自信を持って応え
ることができました。

何故なら、私は女性専用の育毛剤マイナチュレがあることを知っていたからです。
詳しくは「マイナチュレの副作用を調べたい女性のためのサイト」が参考になると思います。

さすが女性専用の育毛剤だけあって、男性用育毛剤にはない細やかな悩みを解決できるさまざまな効果・効能がありました。

アンダーヘア脱毛

日本で脱毛と言えばワキや腕、脚、背中などが主流ですが、欧米などの海外ではセレブな女性を中心に、アンダーヘアの脱毛が当たり前になっているそうです。デリケートゾーンを清潔に保ち、部位を衛生的にキープするのはもちろん、ちょっとセクシーな下着や水着を楽しむために脱毛をしているみたいです。

そんな海外からの情報がネットや雑誌で入ってくるようになり、日本でもアンダーヘアの脱毛のニーズは急速に増えているようです。デリケートゾーンは、とっても敏感な部位ですから、自己処理をしてしまうとお肌のトラブルを招いてしまうことがあります。それなら、プロのエステティシャンに任せたら…と思うのですが、そこは部位が部位であることから脱毛サロンにお願いするには恥ずかしいという気持ちが先立つ女性も少なくありません。

もしも、どうしても自分で脱毛しようとする際には、デリケートな肌へ負担のあまりかからないようにしたいものです。とくにカミソリやシェーバーを使うことは、お肌を傷つけるリスクが大きく、皮膚を切ってしまう恐れもありますのであまりお勧めできません。
また、一本ずつ毛抜きで抜く女性も多く見られます。夏に向けて、水着を着こなすために余分なアンダーヘアを1本ずつ毛抜きで処理する人がいますが、これは、かなりの痛みを伴いますし、毛穴や肌にさらに負担をかけてしまいますので、やらない方がいいでしょう。

ミュゼ小倉で脱毛の予約

夏に向けて脱毛サロンへ通い中

今年こそは、プールや浜辺でイケメンをゲットしようと意気込んだ私は、ワキとVゾーンをきれいに脱毛するために、ある脱毛サロンへ通っています。

これまでは自宅でカミソリや脱毛クリームを使っていたのですが、お肌を傷めて赤くなったりして、思うような成果を上げることができませんでした。

そこで、脱毛サロンや美容外科クリニックを検討したんですが、美容外科クリニックは私のお給料では無理な価格だったので即刻あきらめました。

そこで、脱毛サロンを選択したのですが、ここもさまざまなサロンやエステがあって、百花繚乱の賑わい。口コミや体験談、そして料金などを詳しくチェックし、ひとつの脱毛サロンを選びました。

けっこう人気の脱毛専門サロンということで、なかなか予約は取れませんでしたが、曜日や時間帯を変えてみたら、スムーズに予約を取ることができようになりました。

最初は、エステティシャンとのコミュニケーションが心配でしたが、2度、3度と顔を合わせるうちに、まるで数年来の友だちのように仲良くなり、今ではお互いのプライベートも話せる間柄になりました。

もうすぐ夏がやってきますが、きれいになったボディで、ちょっぴり甘目の素敵な恋をゲットしたいと思います。

ミュゼ福岡天神の予約はこちらから

彼がヤミ金から足を洗った理由

遠い昔、学生時代に知り合いだった男がヤミ金の店長をやっていました。

当然、非合法な犯罪行為ですから、まわりの者たちは「辞めなよ!」と何度も言っていました。

「いま、俺が食うためにはこれしかないんだ。悪いことだと分かっているけど、目をつぶっていてくれ」と耳を貸さなかったそうです。そんな男が、ある日「俺、もうヤミ金を辞めたよ。これからは正業に就いて生き直す。闇金から足を洗ったよ」と言いました。

あれほど、周りの人間が闇金から足を洗えと勧めたのに首を縦に振らなかった彼に、いったい何があったのでしょうか?
「闇金なんて続けていたら、きっといつか警察に逮捕されると思っていたし、自分の人生がダメになるとも思っていた。でも、いちばん嫌になったのは、金を貸してくれ!と言い寄ってくる奴を相手にするのが嫌になったからだ」と予想外の答えが返ってきました。

彼の話では、ヤミ金に「金を貸してくれ」と言ってくる人にまともな人間はいなくて、ほとんどがウソで人生を塗り固めた連中だそうです。わずか2~3万円を借りるために、自分に都合の良いウソを平気で並べると言います。

彼は、そんなウソに付き合うことに、心身ともに疲れたみたいです。どちらにしてもヤミ金から足を洗ったことは良しとしましょう。もう2度と闇の世界には戻ってほしくないものです。

ヤミ金に強い弁護士

老眼になっちゃった

ここ数ヵ月、なぜか新聞や本が読みづらい。
若い頃から近眼でメガネをかけているのだが、メガネをかけたまま新聞を読もうとすると文字がかすんだり、ぼやけたり、圧迫感があったりしてとても見づらい。もしかして、これが老眼なのかも…と思って眼科を受診したところ「あっ、入ってきていますね。立派な老眼です。無理せずに眼を労わりながら老眼鏡も使って上手に付き合って行きましょうね…」とは眼科医の先生。

そういえば、以前にも増して肩こりや首のこりがひどくなり、時々偏頭痛にも悩まされたりするけど、それも老眼のせいなのかな?と思ってみたりする。

自分が老眼になるなんて受け入れがたいことだったけど、2度目の二十歳を過ぎれば当たり前なんだと言い聞かせ、最近はおとなしく暮らしている。老化が進めば身体のいろんなところが衰えてくるのは仕方ないけど、まだ心がそれに追いつかなくてギャップに悩む毎日。近眼から老眼へ…。この先、どんなことが待っているんだろうか…。

一望百景の口コミや体験談をチェック!

旦那さんの部下とこっそり不倫進行中

不倫に悩む主婦から相談を受けました。

彼女は結婚4年目の主婦で30歳。旦那さんは10歳年上のサラリーマンです。旦那さんの年収は約800万円あり、生活には困っていませんが、料理教室に通う学費を自分で出すために週に2~3度、雑貨屋さんへパートに出ています。

ある日、旦那さんが部下を家に連れてきました。ちょうど金曜日の夜のことで、彼女は手料理で応対。部下の男性が彼女好みだったこともあり、3人で食事とお酒を楽しんだそうです。夜も遅くなり、旦那さんは部下に「今夜は泊まって行けばいい。明日は休みだし、どうせ一人暮らしの部屋に帰っても寂しいだけだろう」と声をかけました。

彼女も、「そうしてください。私もあなたのお話をいろいろ聞かせてほしいわ」と誘いました。程よく酔いが回り、旦那さんはお風呂へ入ると「悪いけど、ちょっと飲みすぎたみたいだから先に休むよ…」と寝室へ。彼女が後片付けをしている間に、部下の男性はお風呂へ行きました。

後片付けが終わる頃に、男性が入浴から上がってきました。「お先にすいません。気持ちの良いお風呂をありがとうございました」。酔っているのに、礼儀正しいことも彼女の彼に対する好感度を上げたといいます。

「もう遅いから、隣の部屋で休んでください。私も入浴を済ませたら休ませてもらいますから…」。ところが、彼女がお風呂か上がってくると、彼は居間でお茶を飲んでいました。

「あれ?まだ休まれなかったんですか?」

「はい。奥さんにお休みなさいを言いたくて…」

「えっ?」

「いけないことですが、自分は奥さんに一目惚れしました。おやすみなさい」と言って、突然キスをしました。

彼女は驚きの余りに声も出なかったということですが、気がつけば彼のキスに反応してしまったそうです。

それから、お互いの電話やメアドを交換し、二人は不倫の関係になっていったそうです。

横浜市港北区で浮気調査

熊本地震、北東エリアに拡大

4月14日の午後9時25分に発生して以来、地震はその領域を熊本から阿蘇に拡大して余震を続けてきましたが、さらに北東部に拡大し、16日には大分で震度5弱の地震が起こり、同日には日向灘でも地震が発生したと伝えられました。それにしても、こんなに頻繁に余震が発生するなんて、TVやスマホから緊急地震速報が流れる度に緊張してしまいます。

気象庁は「北東方向に地震活動の領域が拡大していて、大分県西部、大分県中部でも地震活動が活発化している」として、熊本県はもちろん大分県にも注意を呼びかけていますが、まったく終息の気配はありません。今回のように直下型地震は余震が頻繁に起こるというのが定説みたいですが、それでもここまで余震が頻発するのは珍しいとか…。5年前は東北地方が激震に襲われましたが、今回は九州地方が危険ということになるのでしょうか。

調布市で浮気調査

浮気や不倫は家庭崩壊を引き起こす

男性にとっては、ちょっとした息抜きやのつもりの浮気でも、いつのまにか自分を追い詰め、家族までを巻き込んでしまうものに変わって行くリスクがあります。はっきり言って、失うものが多いのに対して得られるものが少ないのが浮気や不倫のなんです。

男性はよく「家に居場所がない」とか「妻が自分を男として見てくれない」と言って浮気や不倫に走り、本気になれば相手の女性と「人生をリセットしたい」と身勝手なことを言います。家庭の問題は、本来なら夫婦の問題ですから、浮気以外に解決策がなかったなんてことありません。まして責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。

不倫は略奪愛などと言われますが、ハッピーエンドで治まるのは本当に稀なケースです。たとえば夫が若い女性と不倫をして、結果的に結婚できたとしても、周りからは祝福されないし、後ろ指刺されたままでの新生活となってしまいます。

また、略奪婚に成功したと女性は一時的に満足しても、「今度は自分が不倫をされる女になるかも…」と思ってしま
うそうです。

世の中は男との女ですから、いろんな出会いやドラマがあるでしょう。もしかしたら、家庭を捨ててでもこの相手と生きて行きたい思えるほどの相手に出会うかもしれません。その時は、不倫恋愛になる前にきちんと離婚し、身辺をきれいにしてから相手へ告白するようにしましょう。

板橋区で夫の浮気調査