tama のすべての投稿

借金で離婚

男女ともに離婚の原因1位に挙げられるのは「性格の不一致」ですが、実は「借金」が原因で婚姻関係が破綻してしまうことが少なくありません。
夫であれ妻であれ、浪費やギャンブル、異性関係などにお金を必要として、借金を重ねて家計壊してしまうケースです。
続きを読む 借金で離婚

消費者金融一覧

消費者金融の一覧は、インターネット上で手軽に見ることができますが、消費者金融の一覧をいろいろと見ているとどこの消費者金融が自分にマッチしているのか分かりやすいと思います。消費者金融の一覧を見て何を比べるのかというと、たとえば金利を最優先で比べるという人がいると思います。
続きを読む 消費者金融一覧

消費者金融の延滞

消費者金融でお金を借り、返済を延滞してしまったらどうなるのか心配だという人もいるでしょう。本来ならば、消費者金融で借りているお金を延滞するということはあってはならないことですが、何らかの事情があったりして延滞せざるを得ない状況にあるという人も中にはいるかもしれません。
続きを読む 消費者金融の延滞

育毛と生活習慣

青汁は毛髪のケアに有効かといえば、必要な栄養素が足りていないせいでおきている薄毛対策としては役に立つ場合もあります。
青汁はビタミンやミネラルに富んでいますから、育毛に必要であるとされる栄養成分を満たしてくれるでしょう。というものの、青汁だけで髪がふさふさになるわけではないですから、食生活の見直しや運動不足の改善、ぐっすり眠ることなども大切です。
続きを読む 育毛と生活習慣

ダブル洗顔やスクラブ・クレンジングを凌駕する拭き取り化粧水

私は毛穴の黒ずみがひどくて、いつもコンプレックスを感じていました。朝も夜も、クレンジングオイルで小鼻をクルクルと2分程度ていねいにマッサージして、洗顔石鹸で洗顔をする生活を繰り返していたんです。
続きを読む ダブル洗顔やスクラブ・クレンジングを凌駕する拭き取り化粧水

スキンケアで試行錯誤した私が最後にたどり着いた方法

スキンケアって何でしょうか?生まれた時の赤ちゃんは、とってもみずみずしくて柔らかくてきれいなお肌をしていますね。
ところが、成長するにつれて紫外線や寒暖温度などの刺激を受け、いつの間にかシミやそばかすが増えてしまいました。思春期には、にきびやソバカスにも悩み、美白効果があると言われた化粧水と美容液を使ったものでした。

また、私は皮脂が多く、しっかりと泡立てるようにして洗顔に力を入れ、いつもサラリとしたお肌を心がけ、乳液などで脂分を補う事は避けるようしていました。
ところが、これが大きな誤りだったんです。20代後半くらいから、肌の乾燥がひどくなり、肌荒れも目立つようになりました。

スキンケアに詳しい人の話では、「皮脂はお肌のバリケードの役目を持っているので、必要以上に皮脂を落とすのはお肌の乾燥を招き、しわの原因になる」と…。

今は、その人のアドバイスに従い、洗顔もやさしい洗顔料を選び、Tゾーンを中心に控え目に洗うように心がけています。

http://みちょぱ洗顔.xyz

地肌の分かれ目が見えた時

髪は女性の命。ツヤとコシがあって、ボリューム感のある髪は女性の魅力を大きくアピールするものですね。
今年で40歳を迎えたママ友のA子。どこから見ても30代前半にしか見えない素敵な女性なんですが、頭髪の
ボリュームがちょっと…。

もちろん、失礼なことは言いませんでしたが、ある日、A子から「地肌の分かれ目が見えて…」と切実な相
談を受けました。言われた箇所を見てみると、確かに地肌が覗いていました。下手に慰めるのは、わざとら
しいと思い、「うん、少しだけボリュームが足りないかな?でも、今なら大丈夫だよ」と自信を持って応え
ることができました。

何故なら、私は女性専用の育毛剤マイナチュレがあることを知っていたからです。
詳しくは「マイナチュレの副作用を調べたい女性のためのサイト」が参考になると思います。

さすが女性専用の育毛剤だけあって、男性用育毛剤にはない細やかな悩みを解決できるさまざまな効果・効能がありました。

アンダーヘア脱毛

日本で脱毛と言えばワキや腕、脚、背中などが主流ですが、欧米などの海外ではセレブな女性を中心に、アンダーヘアの脱毛が当たり前になっているそうです。デリケートゾーンを清潔に保ち、部位を衛生的にキープするのはもちろん、ちょっとセクシーな下着や水着を楽しむために脱毛をしているみたいです。

そんな海外からの情報がネットや雑誌で入ってくるようになり、日本でもアンダーヘアの脱毛のニーズは急速に増えているようです。デリケートゾーンは、とっても敏感な部位ですから、自己処理をしてしまうとお肌のトラブルを招いてしまうことがあります。それなら、プロのエステティシャンに任せたら…と思うのですが、そこは部位が部位であることから脱毛サロンにお願いするには恥ずかしいという気持ちが先立つ女性も少なくありません。

もしも、どうしても自分で脱毛しようとする際には、デリケートな肌へ負担のあまりかからないようにしたいものです。とくにカミソリやシェーバーを使うことは、お肌を傷つけるリスクが大きく、皮膚を切ってしまう恐れもありますのであまりお勧めできません。
また、一本ずつ毛抜きで抜く女性も多く見られます。夏に向けて、水着を着こなすために余分なアンダーヘアを1本ずつ毛抜きで処理する人がいますが、これは、かなりの痛みを伴いますし、毛穴や肌にさらに負担をかけてしまいますので、やらない方がいいでしょう。

ミュゼ小倉で脱毛の予約