土田晃之さんが「ベッキーはもう救えねえ…」だって

お笑いタレントの土田晃之さんがニッポン放送「土田晃之 日曜日のへそ」で、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音さんとの不倫疑惑騒動の渦中にあるベッキーさんについて語りました。

週刊誌で報じられた新たなやり取りについて「LINEでバレたのに何でまたLINEでやり取りしてんの」と呆れ、「ベッキーとゲスさんのやり取りが本当だとしたならば、もう救えねえっすわ。フォローできねえっすわ」と批判しました。

その根拠として「だって、あれが本当なら会見も全部ウソだったということになっちゃう」と指摘。不倫の恋はめずらしくないし、恋愛にどちらが悪いとは言えませんが、これまで清純派だったベッキーさんにとって、今回の不倫疑惑は大きな痛手となったことはまちがいありません。CMはもちろん、「にじいろジーン」などのレギュラー番組も休演になりました。

それにしても、不倫の恋ってリスクがあるんだとあらためて思いました。

中野区での浮気調査ならこちらの探偵社が安心です!

離婚した後で気づいた元妻の良さ

会社の部下との浮気がバレて、奥さんから離婚されたAさん。その後、浮気相手だった女性にも別れを告げられ、寂しい一人暮らしを続けています。

「ちょっとしたスリルと肉体関係の快感に負けて、だらだらと関係を続けた私が悪いのですが、妻から離婚されて、元妻の良さが見えてきました」と唇を噛みました。

掃除、洗濯、ご飯作り。毎日のことなので当たり前と思い、奥さんへ感謝の気持ちを持たなかったというAさん。
「朝、目が覚めればご飯の用意がしてあり、きれいに洗濯されたYシャツやハンカチが用意されていました。私は給料を家に入れていましたから、身の回りの世話を受けるのは当たり前だと思っていたんですね。でも、毎日のことがどんなに大変なことか分かりました。後悔しても元には戻れませんが、できるなら元妻と復縁したいです」。

Aさんのそんな思いもむなしく、別れた奥さんには新しい彼氏ができ、順調に交際を続けているとのこと。それを聞いたAさんは、がっくりと肩を落としてひどく落ち込んでしまいました。

浮気調査福岡市の探偵事務所