年利20%を超える金融業者にはお仕置きが必要

金融庁では「違法な金融業者にご注意!」と称して、貸金業登録の無い業者や正規業者の登録番号を勝手に詐称して使用している業者からは、絶対にお金を借りないように…と注意を促しています。

さらに、金融庁がもっとも警鐘を鳴らしているのが、年利20%を超える金利で貸し出す出資法違反の金融業者です。
こうした業者は一般的に「闇金」「ヤミ金」「裏金」などと呼ばれ、これらの金融業者からお金を借りると違法な高金利のため、返済請求額は雪だるま式に膨れ上がり、あっという間に返済不能となります。
そして、少しでも返済が遅れた場合には、勤務先や親兄弟・親類まで脅迫まがいの厳しい取立てにあい、精神的に追い詰められてしまいます。

こうした悪徳闇金と正面から戦い、厳しいお仕置きをしてくれるのが、闇金を専門とする弁護士さんです。

闇金は、返済が遅れた時の取立てのために、借りた本人の住所や電話番号、勤務先だけでなく、親兄弟・親類の連絡先、さらには子供の学校や担任の名前までを聞いてくることがあります。

そして、一日でも返済が遅れると脅迫まがいの電話を勤務先や親兄弟・親類などにかけるなど厳しい取立てをして違法な高金利の利息を支払わせます。

ここまでの被害に遭うと、残念ながら借り手個人の力では解決できません。
闇金に強く、闇金を専門にしている弁護士や司法書士に依頼することで安全・迅速に解決することができます。

闇金にお仕置きをするためにも、脅迫や高利に泣く被害者を救う法律の専門家へ一日も早く相談しましょう。